アトピー性皮膚炎の要因と対策を良く理解して、薬に頼らずに改善させるお話しです。

代替医療師バニラのアトピーボイス!

アトピー性皮膚炎についての誤解!

体の症状に振り回されないために!

そもそも、症状ってなんでしょう??
健康ってどんなイメージですか??

風邪をひかない
湿疹も出ない
鼻水も出ない
熱も出ない

そういう事が「健康」なんだと
思っていることが一般的かも!?

だから、症状が出ると
治さなきゃ!!って病院に行ったり
お薬を飲んだり。

症状がなくなると安心♡

でも、
その時にちょっと覚えて欲しいのは
「カラダは間違えない!」ということ。

本当に意味のない症状はなく、
原因があって結果が必ずあるのです。

そうはいっても、不安!!!ですよね。
その不安って実は厄介で
1の症状を10にも20にも増幅!
させてしまうこともあります。

だから、まずオススメなのは

まず体の仕組みとは、
症状とは、と学ぶことで、
自分自身のカラダが一定の状態を保つ仕組み、
また、ダメージを受けたなら回復しようと働く仕組みがあることを学ぶこと。

そうすると「症状」とはその結果!

症状が、「私を苦しめる憎いやつ!」(笑)から、「自分の体のバロメーター」「そして、体が健気に頑張ってる印」と思えるようになってくるかも!?

体の仕組みがわからないと、
ものすごく不安になるし、いろんな情報に振り回されてしんどくなってしまったり、

今何がおきてるかわからないと
いたずらに不安になるだけだったり。

だから、
できることなら解剖生理学や
体の仕組み
簡単な免疫学やお手あて方法。

そもそも大人だけじゃなくて、子供のうちからみんな、義務教育としてお勉強したらいいのに!学校に組み込めたらいいのに!

なんておもっています。