アトピー性皮膚炎の要因と対策を良く理解して、薬に頼らずに改善させるお話しです。

代替医療師バニラのアトピーボイス!

アトピー性皮膚炎とアレルギー!

〇〇アレルギー、〇〇を避けても良くならないのはなぜ?

タイトルの、
〇〇アレルギーの中には、
いろんなものが入ります。

例えば、花粉、卵、小麦、米、エビ、カニ、
大豆、乳製品、フルーツ、豚肉、ピーナッツ、
ハウスダスト、猫、とうもろこし、サバ、、、
もう上げるとキリがないほど。

先日とあるパン屋さんで、
若いお母さんが、

「子供が卵アレルギーなので
卵を使ってないパンはどれですか?」

と店員さんに聞いていました。

もちろん、命に関わることもありますので、
こうやってアレルギー物質(アレルゲン)を避けていくと言うのは
必要なことなのかもしれません。

アトピーボイスへのお問い合わせにも
アトピーボイスでは
食物アレルギー以外のアレルギーにも
対応していますか??

というお問い合わせもよくあります。

そう、
ついつい私たちは
アトピー=食物アレルギー
そんな風に思いがち。

実際はどうなのでしょうか??

そもそも、
なぜアレルギーって
出るのでしょうか?

今では、日本人の2人に1人が
なんらかのアレルギーを持っている!とまで言われています。

ただ、ここで疑問に思うこと。

食べ物以外でも、
スギ花粉や、ハウスダスト、ダニ、
そんなものは今よりも衛生状態が悪かった昔の方が、
今よりも、私たち人間の周りに多かったのでは?

小麦や大豆、ましてやお米なんて、
私たちの祖先も遠い昔から食べてきたもののはず。

昔からたくさんあった、花粉やダニ、
大豆や小麦。それが突然変異をしたのでしょうか?

実は、もちろん、
そういう側面もあると思います。

例えば、不自然な品種改良、また公害や大気中の有害物質が、
花粉にくっついていたり、昔では使われなかった薬剤などが、
農作物や、肉にも使われていたり。

そして、その状況を全ては選べない私たち。

例えば大気汚染なんて、呼吸しないわけにもいきませんものね。。。

もちろん、知ることで、この選べるものについては、
AよりBを選びたい!など選択をする軸が
できることの1つの大きな収穫だと思います。

そして、私たちの体を、アレルギーが出にくい体にしていくこと。

それは、私たち本来の体に戻っていくでもあります。
そういうと、今の私たちの体が間違っている!
というふうに受け取られるかもしれませんが、
本来体はいつも間違えないもの。

今出ているアレルギーの症状も、
なぜ出ているのかのメカニズムを知り、
現状になっている理由を知る。

まずは知ること、
そして、不要なものを手放していくこと
体の中のメカニズムを邪魔しないこと。

そのためのヒントや方法は
アトピーボイスにたくさんあります。
1つずつ、学んで一緒に実践していきましょう!