代替医療師バニラのアトピーボイス!

アトピー性皮膚炎の生活改善!

アトピーさんのおすすめ下ごしらえ♪

お肉を食べたら消化が悪い
アトピーなのにお肉を食べていいの??
たんぱく質の問題もよく相談があります。

もちろん、
どんな「肉」を選ぶのかは
とても大きいですが・・・
これはまた別の機会に。

慢性炎症や
慢性疾患を抱えていて
もしくは症状が大きくあって

体のエネルギーを使って
一生懸命分解する余裕がない
でも、体を作る材料だったり
体の中で使えるように
たんぱく質はきちんと取りたいという場合は
たんぱく質が体の中できちんと分解できること
できればそれに力を使わないことが大切です。

体の修復や炎症に
いっぱいいっぱいの時は
そもそも消化吸収もしっかりできないことも
多々ありますし、

なにより、
消化器に負荷をかけ
腸壁などの状態を悪くし、
症状の悪化を招くことになりかねません。

そういう時に大切なことは
上手に下ごしらえをすることです。

味噌漬けだったり
醤油などに漬け込んだり
果物や玉ねぎなどでマリネだったり
酢豚のパイナップルだったり、
昔からの東西問わずの
下処理には意味があるのですね♪

もとは、
例えば固い肉を食べやすく、とか
保存性を高めるという意味合いも
あったと思いますが
体にとってもいいことづくめです。

例えば、味噌漬け以外にも
たんぱく質を分解する酵素を含むものは
たくさんあります。

例えば
パイナップル
キウイ
イチジク
パパイヤ
大根
玉ねぎ
パセリ
ニンニク
マイタケ

味噌
ヨーグルト

などなどなど・・・

塊で買ってきた
お肉を漬け込んでおくと
たんぱく質を程よく消化しやすい状態にしてくれます

そうしてから調理をすると、
腸の負担はぐっと減り、
食べたものを体が消化することも
うまくいくようになります。

アトピーボイスでは、
それぞれの状態に合わせての
食べ方、調理法も詳しくお伝えしていますが、
毎日の生活で実践できることを増やしていきましょう!

もちろん調理法は
炒める、揚げるなど植物油を
使わない方法にしてくださいね。