代替医療師バニラのアトピーボイス!

アトピー性皮膚炎と微生物!

微生物とアレルギー発症の関係

乳幼児のうちに様々なバクテリア(細菌)や、アレルゲンにさらされることで、アレルギー発症のリスクが下げられるという、研究結果が出ています。

どうして帝王切開で生まれた子供のアレルギーリスクが、普通分娩で生まれた子供よりも高いと言われているのかも、ここに答えがあります。

普通分娩でお腹から産まれてくるときに、膣の中や肛門近くにいる菌たちにたくさん出会うからです。

また、赤ちゃんはなんでも口にいれようとしますね。それは触るもの、口にするもの、すべてに菌と出会うチャンスがあるからではないでしょうか。
日本の抗菌グッズや、キレイキレイし過ぎる習慣は、アレルギーだけでなく、アトピーや喘息を増やす可能性があります。
「アレルギー発症のリスク 2014-06-17 」より